初期の歯周病治療

歯周病の症状 ~初期~

初期の歯周病(歯肉炎と軽度の歯周炎)とは、どんな症状なのでしょうか。初期歯周病の代表的な症状と、その治療法をご説明します。

初期歯周病の代表的な症状

初期歯周病の代表的な症状

歯肉炎にかかると、歯肉の色が赤くなって腫れてきます。歯みがきのときに歯肉から出血するようになりますが、痛みがないため気づきにくいのが初期症状の特徴です。歯と歯の間の歯肉がプクプクと腫れて丸みをおびてきたり、歯と歯の間や歯と歯肉の境目にプラーク(歯垢)がついていたりするようなら、歯肉炎の可能性が高いでしょう。

歯周炎まで進行すると、軽度であっても炎症は歯肉のみにとどまらず、歯を支える骨にまでおよびます。歯みがきの際に出血がみられるほか、歯周ポケットが深くなるという症状が特徴です。また、歯肉が下がり、歯の被せ物と歯肉の間に隙間ができます。やはり痛みがないため、多くの患者様は気づきません。

初期歯周病の治療法

初期の歯周病の治療は、患者様による歯みがきや歯科医院での歯石除去が中心となります。当センターでは、次の治療法に対応しています。

TBI

TBIとは、「Teeth Brushing Instruction=歯みがき指導」のことです。歯周病は、歯周病菌によって引き起こされる病気ですので、患者様による正しい歯みがきは菌を除去するために重要な治療の一環となります。正しい歯みがき方法をマスターすることで、歯周病の治療や予防につながります。

スケーリング

スケーリング

スケーリングとは、スケーラーと呼ばれる器具を使用してブラッシングでは除去できない歯石を取り除くメインテナンス方法です。

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、スケーリングの後に歯根表面を硬く滑らかに仕上げ、歯石が付きにくい状態にするメインテナンス方法です。